大谷翔平選手が心臓病男児見舞う 同名の縁、色紙に「頑張れ」(2019/01/05)北海道新聞

https://www.hokkaido-np.co.jp/movies/detail/5986582554001
 プロ野球日本ハムを経て、大リーグ・エンゼルスで活躍する大谷翔平選手(24)が1月5日、大阪府内の病院を訪れ、重い心臓病のため米国での心臓移植手術を待つ兵庫県尼崎市生まれの川崎翔平ちゃん(1歳6カ月)と面会し、優しいまなざしで「いつも頑張れと思っているよ」と語りかけた。翔平ちゃんは、拡張型心筋症と診断され、生き続けるためには心臓移植しかないという。帰国中の大谷選手は、自身にあやかって名付けられた翔平ちゃんの存在を知り、「何とか力になりたい」と多忙の合間を縫って来院した。